脱毛サロン 勧誘

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情とは

私たち利用者にはわからない裏事情。
脱毛サロンには私たちが普段触れることのない裏事情が存在しているようです。

 

知ってしまったら少し怖くなるかもしれませんが、怖いもの見たさで、つい知りたくなるのが脱毛サロンの裏事情ですね。

 

それでは、脱毛サロンの裏事情を少しだけ覗き見してみることにしましょう。

 


知ると怖い、脱毛サロンの裏事情とは?

以前から問題視されているのが、脱毛サロンの強引な勧誘です。
現在では、悪質な脱毛サロンは行政の指導によって姿を消していますが、それでも、依然として強引な勧誘を行っている脱毛サロンは数多く存在しています。

 

たとえば、高額なコースの契約を迫り利用者が契約を承諾するまで離さなかったり、脱毛とはあまり関係のない高額な化粧品を売りつけようとするなど。

 

依然としてこのような脱毛サロンが存在しているのは売上重視が社訓として掲げられているからです。

 

そして、店舗やエステティシャン個人の月間または年間の売り上げ目標が設定され、それを達成できなかった場合は減給などという処分を受ける可能性があるからです。

 

また、ほとんどの脱毛サロンでは「無理な勧誘はありません」と公式サイトで謳っていますが、まともに「ウチは勧誘します」と謳ってしまったら、その結果は目に見えていますよね。

 

脱毛サロンでは多かれ少なかれ勧誘があるということは、覚悟しておく必要があるでしょう。

 

「脱毛サロンではほぼ確実に勧誘がある。」
こう聞いてしまうと脱毛サロン自体が怖くなってしまいますが、強引な勧誘が多いのは一般的に格安サロンと呼ばれている脱毛サロンです。

 

どのような脱毛サロンであっても、店舗や個人、月間や年間の売り上げ実績は大切です。
ですが、格安サロンの場合は、そもそも客単価が低いわけですから、数をこなして売り上げを伸ばしていかなくてはならず、そのため強引な勧誘が多くなる傾向があります。

 

一方、施術料金が高めに設定されている脱毛サロンでは、ほぼ強引な勧誘はなく接客態度も丁寧です。
脱毛サロンを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

 


実際、勧誘はあるのか?

脱毛サロンと聞くと勧誘が気になりますよね。
最初の契約時はもちろん、すでに通っている人にも「追加でこっちの部位も安く脱毛できますよ〜!」など…、脱毛が完了するまでされ続ける可能性があります。

 

ここ最近、キレイモミュゼプラチナムのように「無理な勧誘はしません!」と掲げているサロンも増えました。

 

しかし中には、そう言ってもガツガツ勧誘してくるサロンもまだまだありますので、必要以上の契約を結ばないためにも上手な断り方を知っておくと安心です。

 

契約時の勧誘

「キャンペーンを利用したくてカウンセリングに行ったら、勧誘されて思わぬコースを申込んでしまった・・・」なんて話をよく聞きます。

 

最近の脱毛キャンペーンはワンコインからできるものばかりですが、この契約だけじゃ普通に考えて脱毛サロンも赤字です。
そのためにもキャンペーン+他のコースの契約を促すサロンは結構多いのです。

 

「このキャンペーンだけ!」と決めている場合は、「お金がない」「家族の許可がないとできない」など理由をつけてしっかり断りましょう。

 

中にはクレジットカードも使えますよ!とカードで契約をさせようとするサロンもありますが、「車のローンがあるのでローンを組むことができない」など、しっかり契約をしないアピールをすると、ほとんどのサロンが「そうですか、わかりました」と話をやめてくれます。

 

また、カウンセリングの最初に「他のサロンで勧誘が酷く、嫌な思いをした」などと言っておくのも効果があり、サロン側は契約をさせたいので、お客様を嫌な気分にさせないように話を進めてくれるはずです。

 

勧誘と言っても、中には本当にお客様のためにコースの提供を行っているサロンもありますが、必要がなければしっかり断りむだな契約はしないようにしましょう。

 

カウンセリングで勧誘された時に上手く断る対処法
  1. 友達と待ち合わせをしていると伝える

    もし、きちんと断ってもまだ勧誘してくるようであれば、この後友達と待ち合わせしているので直ぐに行かなくてはいけないと伝えてみましょう。
    時間がないことを強調するのがよいです。

  2.  

  3. 家族に相談してみると伝える

    主婦の人などは、家族に相談しないと決められないと伝えてみるのが一番です。
    例えば、主婦の人が契約する場合、旦那さんの収入証明書が必要な場合も出てくるので自分1人では勝手に決められないですよね。
    その事を告げれば、それ以上スタッフの人も強引に勧誘してきません。

  4.  

  5. 他のサロンと検討していると伝える

    脱毛を始める人は、いくつかサロンを検討していると思います。
    もししつこく契約するように言われたら、正直にまだ他のサロンも検討しているので今はまだ契約できないと伝えてみましょう。

  6.  

  7. お金がないと伝える

    最終手段は、今は払えるお金がないと告げるのが一番効果的です。
    思っている以上に脱毛の料金が高額で、今すぐはお金がないのでもう少し貯めてから考えますと言えば、スタッフの人もそれ以上どうすることもできないので勧誘してくることはありません。

 

もししつこく勧誘されたらこのように断ればスタッフも了承してくれるところが多いです。

 

ただし、それでも勧誘が心配という場合には、「しつこい勧誘はなし!」と公言している脱毛サロンを選んで通うことをオススメします。

 

施術が始まってからの勧誘

脱毛の完了が近付く頃にも勧誘されることはあります。
「次はこちらの部位がおすすめですよ!今月限りでとってもお得です!」とか「当サロンで脱毛された方限定のプランがあるんです〜!」などなど。

 

契約する気がない場合はここもしっかり断ることが大切。
うやむやにしていると話術に乗せられなんとなく契約…なんてことになりかねます。

 

「転勤が決まりそうなので契約できない。」とか「子供にお金がかかるようになってきたので自分にお金をかけられない。」など、はっきり「できない!」と伝えることが大切です。

 

無理な勧誘がすぐにネットの口コミで広がりイメージダウンにもつながるため、勧誘が控え目なサロンもずいぶん増えました。

 

良心的なサロンはきちんと理由を添えて断れば無理に契約へつなげることはありませんので、「契約する気がない」という意思を明確に伝えることが大切です。

 

万が一、流れで契約をしてしまった場合にはクーリングオフ制度を活用することができるので心配することはありません。

 


しっかり断ればしつこい勧誘はされない

今回は、しつこい勧誘をされた時に上手に断る方法についてみてきました。

 

いろいろな断り方がありますが、「時間がない」「家族に相談する」「他のサロンと検討する」「お金がない」というのが一番効果的な断り方です。
それ以上スタッフの人もどうする事もできないので、強引に契約されられることはないでしょう。

 

そして、契約する意思がない時はしっかり断ることが大切です。
契約するような感じで含みを持たせてしまうとスタッフも勘違いしてしまいます。

 

また、それでも上手く断れるか不安という人は、「強引な勧誘はしない」とHPなどで宣言しているサロンを検討してみると良いでしょう。

 

知ると怖い?脱毛サロンの裏事情!勧誘の実態と上手な断り方


 
page top