医療脱毛Q&A

医療脱毛で抜けるまでの期間とそのメカニズム!引っ張ったり剃ったりすると効果は半減するの?

医療クリニックでの脱毛は脱毛サロンでと比べ、毛がきれいに抜けて再生しにくいのが特徴です。

では、ムダ毛がきれいに抜ける理由やそのメカニズムはどうなっているのでしょうか。

抜けるまでの期間など医療脱毛で毛が抜ける仕組みについて確認してみましょう。

医療脱毛の仕組みとは


医療脱毛では、毛が持っている黒い色の元となるメラニン色素に反応するレーザーを照射して、レーザーがメラニン色素に吸収されることで発熱し毛根破壊されて脱毛効果が出ます。

毛乳頭は一度破壊されると再生しにくいのでレーザー照射を受けることで再び毛が生えてくるのを防ぎますが、熱が伝わって細胞が破壊されるまでに時間がかかるため、施術を受けてしばらくしてから毛が抜け始めます。

医療脱毛は毛周期によって効果が違う?

医療脱毛に使われるレーザーは威力が強いのですが、一度照射したからといってすべてのムダ毛が脱毛できるわけではなく、脱毛するかどうかは毛周期にかかわってきます。

毛周期とは毛が成長して抜け、生えかわるというサイクルのことで、一般に成長期、退行期、休止期という区分けがされています。

  1. 成長期
    毛が伸びて成長する期間。
    成長期では毛の根元、毛乳頭にある毛母細胞が分裂を繰り返しているのでどんどんと毛が伸びており、メラニン色素も豊富にあるのでレーザーによるダメージも受けやすくなっています。
  2. 退行期
    伸びきった毛が抜け始める期間。
    退行期では毛の成長が落ち着き毛根から毛が抜け始めており、レーザー照射をしても毛根にまでダメージが届かないので脱毛効果は得られません。
  3. 止期
    毛が抜け落ちていて新たに生える準備をする期間。
    休止期では毛母細胞の分裂も止まっており次の毛の成長に向けて準備している状態なのでレーザー照射をしても新しい毛に対する脱毛効果は得られません。

つまり、レーザー照射をしたときに脱毛効果が得られるのは成長期にあるムダ毛のみとなり、退行期や休止期にあるムダ毛には脱毛効果が生じません。

体にはたくさんのムダ毛が生えているのですが、全ての毛が同時に成長しているのではなく、成長期にあるムダ毛もあれば退行期や休止期にあるムダ毛もあるため、1度の照射では脱毛しきれません。

また、全身の各部位でも毛の成長スピードが異なるため、タイミングを分けて照射する必要があります。

医療脱毛でスムーズに脱毛するコツ

脱毛は長期間かかるといわれていますが、できれば早く終わらせたいですよね。

そこで、簡単に取り入れられるスムーズに脱毛するコツをご紹介しましょう。

シェービングをしておく


クリニックではあらかじめシェービングしてくるように指示されますが、その理由はムダ毛が長い状態だとメラニン色素の量が多く痛みが強くなったり、やけどしたりする可能性があるからです。

あらかじめシェービングをしておくことで、適切な熱量を発生させることができスムーズに脱毛することができます。

ただし、脱毛当日にシェービングをするのはNGです。

シェービングによってお肌が傷ついたり乾燥したりする可能性があるため、前日に処理しておくとよいでしょう。

あわせて読みたい
医療脱毛ならシェービングが無料!剃り残しが心配な人はクリニックの全身脱毛がおすすめ脱毛を行う際に生じる剃り残しへの対応は、施設によってまちまちです。こちらでは事前処理が必要な理由や代表的な医療脱毛クリニックのシェービングサービスについてお話ししています。...

保湿をしておく


医療用レーザーを照射すると熱が生じるため、お肌表面の水分が蒸発してしまい、ひどい場合は炎症ややけどが起こってしまいます。

これを避けるためにも脱毛の前後はお肌の保湿を心がけなければなりません。

そこで、最低でも脱毛前後1週間は化粧水やクリームなどでお肌の保湿を心がけましょう。

また、乾燥の原因となる紫外線対策も必要となります。

医療脱毛クリニックに通う際は長そでの洋服を着たり帽子をかぶったり紫外線を直接浴びないようにしてお肌を守りましょう。

紫外線は、乾燥だけでなく日焼けの原因にもなりお肌に含まれるメラニン色素の量を増やしてしまいますが、医療用レーザーはお肌のメラニン色素にも反応するため、日焼けは避けなければなりません。

万が一脱毛前に日焼けしてしまうと、脱毛の際に強い痛みを感じる可能性があるので注意しましょう。

あわせて読みたい
うっかり日焼けしてしまった!医療脱毛はどの程度の日焼けまで大丈夫?医療脱毛ができない日焼け肌はとは?どの程度の日焼けであれば脱毛ができるのでしょうか、日焼け肌では脱毛できない理由を知っておきましょう。日焼けしていても脱毛できる機械の説明と日焼けをした場合のサロンの対応についても紹介しています。...
エピ姫
エピ姫

医療脱毛できれいに毛を抜くには毛周期に注目!

医療脱毛でムダ毛を処理する場合に照射するレーザーはメラニン色素を持っている毛に対して反応します。

毛周期でいう成長期にあるムダ毛は細部分裂も活発でメラニン色素も多く含んでいるためレーザーに反応しやすい一方、抜け始めの退行期や新たな毛を伸ばす準備をしている休止期ではレーザーによる反応が起こらず脱毛効果が得られません。

医療脱毛できれいに毛を抜くためには成長期見計らってタイミングよく施術を受けるようにしましょう。

医療脱毛で抜けるまでの期間は?引っ張ったり剃ったりすると効果は半減するの?


医療脱毛を始めるといったいいつ頃から医療脱毛の効果は現れるのだろうかと気になりますよね。

いち早くすべすべの肌を手に入れたいと思いながら医療脱毛を続けていると思いますが、目安すら分からない状態ではモチベーションも下がる一方だと思います。

そこで医療脱毛の効果が現れる目安の期間についてと、脱毛中に脱毛効果を下げてしまわないように注意事項を紹介していきます。

医療脱毛の効果はいつから現れるの?


人によって脱毛効果が現れたと思うタイミングには違いがあり、毛が自然に抜けるようになってから効果が現れたと思う人もいれば、生えてこなくなってから効果が現れたと思う人もいるので一概にいつのタイミングで効果が現れたと断言することはできません。

しかし、ここでは分かりやすいように毛が抜け始めたタイミングで効果が現れたものとしてお話をしていきます。

医療脱毛を受けてから毛が抜け始めるまでの平均的な期間は約2週間です。

意外にも抜けるまで時間がかかるなと思った方が多いかもしれませんが、医療脱毛も受けてすぐに効果が現れるわけではありません。

よく光脱毛より医療脱毛の方が脱毛効果が高いことからすぐに効果が現れると思っている人がいますが、毛が抜け始める時期というのは体質や使用したレーザーの種類によっても変わってきます。

また、脱毛する部位によっても違いがあり、VIOのような太くて濃い毛はなかなか抜けるまで時間がかかってしまいます。

先程、平均して2週間ほどで抜け始めると言いましたが、人によっては早い人だと1週間ほどで現れ、反対に3週間もかかったという人もいますので個人差があることを忘れないでください。

毛が抜けるといっても全体の毛が一度に抜けるわけではなく、皮膚の中には次に生えてくる毛が待ち構えているので、当たり前ですが一度の施術では毛をなくすことはできません。

あわせて読みたい
医療脱毛はレーザーだから完了まで早い!脇、顔、全身脱毛それぞれの回数や期間とは医療脱毛はスピーディといわれますが、それはなぜなのでしょうか?こちらでは医療用レーザーを使った脱毛の仕組みや永久脱毛の定義、ワキや顔、全身脱毛にかかる回数や期間についてご説明しています。...

よくレーザーをあててすぐに毛穴から毛が飛び出すように抜けることがあり、もう脱毛効果が出たのかと勘違いする人がいますが、これはポップアップ現象というものでレーザーの熱で太くて濃いムダ毛が焦げて縮れることで起きる現象です。

全体の3割程度の毛に起きる現象で、ポップアップ現象が起きなかったムダ毛は衣類との摩擦や自然に抜け落ちるケースがほとんどです。

たまに施術してからムダ毛を引っ張ってみるとスルスルと抜けたという人がいますが、これもポップアップ現象の1つです。

引っ張ったり剃ったりするのは禁止!?

せっかく脱毛するならなるべく効果の早く出る方法で行いたいと思うのが普通ですが、知らずにやってしまったことが原因で効果を半減させてしまっている可能性がありますので、これからお話しする3つのことは必ず守るようにしてください。

ムダ毛の自己処理

よく脱毛を受ける前にムダ毛の自己処理をしてくるように指示がありますが、必ず前日までに済ませておくようにしてください。

なぜなら脱毛当日にムダ毛を剃ったり抜いたりしてしまうと表面にムダ毛が一切ない状態となってしまい、レーザーがムダ毛に反応することができずに脱毛効果を発揮することができなくなってしまいます。

理想としては肌の表面に2mm程現れていると問題なくレーザーがムダ毛に届き脱毛効果をしっかりと発揮できます。

無理にムダ毛を引っ張らない

脱毛後に自然に抜け落ちるのであれば問題ないですが、残っているのが気になるからといって無理矢理引っ張って抜いてしまうと毛の周期を乱してしまう恐れがあり、いざ脱毛を受けるときに脱毛効果を半減させてしまいます。

脱毛は毛の周期に合わせて行うことが効果を最大限に発揮させるために重要になってきますが、無理矢理抜いてしまっては周期を乱すだけでなく毛穴を傷つけたり、細菌が入りやすい状態を作り出してしまいますのでやめてくださいね。

毛抜きはNG

脱毛後に抜けない毛や抜ける前にムダ毛を処理するときは毛抜きではなく、カミソリや電気シェーバーで剃るようにしてください。

毛抜きで無理矢理抜いてしまうと上記でも説明した通り、周期を乱したり毛穴を傷つける恐れがあります。

特に電気シェーバーであれば肌を傷つける恐れもないため、自己処理を行うときは電気シェーバーで剃ることをおすすめします。

よく自然に抜けるまで剃ってはいけないのかと思うかもしれませんが、女性である以上、次の脱毛日までムダ毛を伸ばしておくわけにもいかないですよね。

そんなときに電気シェーバーが1つでもあれば、いつでも安心して自己処理を行うことができますよ。

以上、この3つを守っていただければ医療脱毛の効果を半減させることなく脱毛完了まで過ごすことができますので、きちんとルールを守ってくださいね。

あわせて読みたい
クリニックで医療レーザー脱毛を受ける前日にしておく脱毛効果を数段上げる準備永久脱毛に分類される医療レーザー脱毛は、処理後のムダ毛の再生率が極めて低いという特徴を持っています。ですが、医療レーザー脱毛を受ける際にはいくつかの注意を守らなくてはなりません。今回は医療レーザー脱毛前日の前処理についてのお話です。...

医療脱毛の脱毛完了とはどんな状況?


抜け始める時期や脱毛中の効果を半減させないための注意点をご紹介しましたが、そもそもどのような状態になったときに脱毛が完了したと実感しますか?

どこまでムダ毛がなくなったら脱毛完了と言えるのか、目安になる状態についてお話したいと思います。

まず、何をもって脱毛を完了したと思うかは人それぞれ違います。

例えば、ムダ毛が完全にはなくなっていないけれど自己処理をしなくて済むくらいまで毛が薄くなった時点で脱毛完了と思う人もいれば、放っておいても全く生えなくなってきた時に完了と思う人もいます。

多くの人はムダ毛が生えてこなくなったときに脱毛が完了したと自覚しているようですが、医療脱毛を行うクリニックで脱毛回数を決めるときには、お客様の肌の状況や毛深さを考慮して、ムダ毛が生えてこなくなると思われる回数での契約を進められるケースがほとんどです。

あわせて読みたい
医療脱毛はレーザーだから完了まで早い!脇、顔、全身脱毛それぞれの回数や期間とは医療脱毛はスピーディといわれますが、それはなぜなのでしょうか?こちらでは医療用レーザーを使った脱毛の仕組みや永久脱毛の定義、ワキや顔、全身脱毛にかかる回数や期間についてご説明しています。...

ですからムダ毛が生えなくなったとき医療脱毛の完了の時期だと思っておけば間違いないでしょう。

これから脱毛回数を決めようと思っていたり変更する予定があるのであれば、ムダ毛が生えてこないと確信できる回数を契約しておくことをおすすめします。

CHECK医療脱毛クリニックで人気コース別の料金一覧はこちら>>

ルールを守って医療脱毛を行おう!


医療脱毛は毛が抜け始めるタイミングが光脱毛より早く感じることができる傾向にあるため、なるべく早く脱毛効果を感じたい人におすすめの方法です。

1回目の施術が終わった時点で毛が抜けることを実感でき、3回を終える頃にはビックリするほど毛が抜けるようになるはずです。

回数を重ねる度に脱毛効果を実感できる医療脱毛は、女性にとって毎回きれいな肌へ近づいていることが分かるためモチベーションも上がってきますよ。

脱毛効果を半減させないようにするためにも、今回紹介した3つの注意点を守って施術を続けてください。

早く脱毛を完了して素敵な毎日を過ごせるといいですね。


CHECK医療脱毛初心者におすすめのレーザー脱毛料金が安いクリニックランキングと選び方のポイント