脱毛サロンQ&A

脱毛サロンにはどんな服装とメイクで行くのがベスト?

脱毛サロンでは脱毛をする部位を露出して施術を行います。

施術室に入ったら、スタッフにすぐお肌を見せられる状態でなければいけませんので、サロンでは施術がしやすいような衣服を用意していることがほとんどです。

サロンに到着すると、更衣室で専用のウエアやガウンに着替え施術室へ向かいますので、来店時の服装のまま施術を受けることはありません。

ここでは脱毛サロンに行くときには、どのような服装で行ったらいいのか?メイクはしていってもいいのか?脱毛サロンに通う際の素朴な疑問について説明していきます。

脱毛サロンに行くときにはどんな格好をしたらいいの?


脱毛サロンに行く際には、基本的に普段通りの格好していても構いませんが、サロンに到着してから着替えることを考えると、脱ぎ着しやすい服装で行くにこしたことはないでしょう。

仕事のあとでサロンに通う人も多く、そのような人は当然ながら会社に行くときの格好でサロンに来ていますので、わざわざ脱毛サロンに行くからといって特別な格好をする必要はありません。

ただ、服装についていくつか気をつけておくべきことはあります。

できるだけお肌の露出が少なく、風通しのいい格好をする

まず露出の多い服装をせず、うっかり日焼けなどをしてしまわないように注意する必要があります。

これには日中の日焼けを防ぐのと同時に、施術後にダメージを受けたお肌を保護するという意味もありますので、なるべく綿などの天然素材で肌触りのいいものを着用するといいでしょう。

夏場でも袖の長い服を着たり、ロングスカートやガウチョパンツなどの肌の隠れる格好をしたりするのがベターです。

また施術後のお肌は熱を持っていることがあるため、できるだけ通気性が良くお肌を冷やせる素材やデザインのものを選ぶようにしてください。

アクセサリーは最小限に

日常的にアクセサリーをつけている人も多いのですが、脱毛サロンの施術の際にはアクセサリーを外す必要があります。

結婚指輪などは例外ですが、それ以外のアクセサリーは全て外し保管しておかなければなりません。

紛失などのアクシデントもないとは言い切れませんし、帰宅時に着用し直すのも手間がかかってしまいます。

脱毛サロンに行く予定がある日は、アクセサリーは極力つけないようにする方が面倒がなくていいでしょう。

履き物に気をつける

また服装だけでなく履き物にも気をつけてください。

施術中の格好によってはサロンのスタッフに足の臭いで迷惑をかけてしまう可能性がありますので、できるだけ通気性のよいサンダルや靴を履いていくようにしましょう。

意外と夏場よりも冬場のブーツの方が足が蒸れてにおったりすることもありますので、ロッカールームでなるべくコンパクトに収納できる履き物を施術の日には選ぶようにするといいでしょう。

脱毛サロンにメイクをしていっていいの?


脱毛サロンに行く際にはメイクをしていっても構いません。

仕事先から脱毛サロンに直接向かうなどという場合はメイクをしないわけにはいかないですし…。

顔脱毛にメイクは禁止ですが、施術前にメイク落としをすることができ、たいていの脱毛サロンではメイクを落とす場所が用意されています。

脱毛をする部位によってどこまでのメイク落としをするかという指示がスタッフからありますので、それに従うようにしましょう。

メイクを落としたあとは化粧水や乳液などをつけないで施術をしてもらいます。

施術が終わったあとに化粧水や乳液などをつけるようにしましょう。

脱毛後のお肌は、見た目は変化がなくても熱がこもっていたり、デリケートになっていたりするので、ふたたびメイクを施す場合は最低限にするよう心がけましょう。

またすっぴんで帰りたい場合は、マスクなど持参しておくと便利です。

おしゃれよりも脱ぎ着のしやすさ重視!メイクはしてもOK


最初のころは、脱毛サロンに行くときの服装とメイクで悩むこともあります。

脱毛サロンで施術の予定がある日でも、普段通りのおしゃれをして構いませんが、アイテム選びに工夫をするといいでしょう。

こうするべきだという決まりはありませんが、服装選びのときに脱ぎ期のしやすさと肌触りのよさを優先するといいですね。

そしてアクセサリーは、必要がなければ極力付けないようにしましょう。

メイクに関しては、普段通りにしていってもサロンで落とすことで対処できます。

もしその日の予定が脱毛して帰るだけというのであれば、自宅からノーメイクにマスク着用で行くのもおすすめです。

できれば脱毛後に、気合を入れておしゃれやメイクをしなくてはならない予定を入れないようにしておくと、ダメージを受けたお肌を早く回復させることができるでしょう。


CHECK脱毛サロン初心者におすすめの脱毛料金が安いサロンランキングと選び方のポイント