医療脱毛 日焼け

うっかり日焼けしてしまった!医療脱毛はどの程度の日焼けまで大丈夫?

医療脱毛をする際は日焼けしていると施術できないといわれていますが、その理由はどうしてでしょうか、どの程度までの日焼けであれば大丈夫なのか、また日焼けしている場合のクリニックの対応についてもご紹介しましょう。

 

 

日焼けしていても医療脱毛できる?

 

クリニックでは医療脱毛を受けている間は日焼けを避けるように注意喚起しています。
特に、脱毛施術を受ける前日や当日、脱毛をしてから1週間は日焼けしないようにいわれており、クリニックへの行きかえりには日焼けをしないように指導されます。

 

それでは、どの程度の日焼けなら医療脱毛を受けることができるのでしょうか、各クリニックでは「この程度の肌の色であれば施術はできるけれど、この色であれば施術はできない」というような明確な基準は設けられていません。ただし、日焼けの度合いが強い場合は医療脱毛で用いるレーザー機器がお肌に反応してしまい肌トラブルがおこる可能性があります。

 

そこで、実務的にはカウンセリング時に医師による目視によって確認するのと日焼けをしたタイミングがいつだったのかを判断し、例えば施術より3か月前の日焼けであれば特に問題はないと判断されますが、施術の前日や当日の日焼けはNGとなるケースが少なくありません。

 

 

日焼け肌が施術NGの理由とは

 

日焼け肌に医療脱毛ができない理由は機器の仕組みに由来し、多くのクリニックでは体毛に含まれている黒色のメラニン色素に反応して発熱し毛根を破壊する働きをもつレーザーを使用しています。
メラニン色素は体毛だけでなくお肌にも存在しているのですが、日焼けをして紫外線を浴びるとメラニン色素量が増えてしまうため、施術時に肌トラブルが起こるリスクが高くなります。

 

例えば、日焼け肌にレーザーを照射すると強い痛みが発生したりレーザーがお肌に反応することでやけどの危険も高くなったり、お肌は紫外線を浴びることで表面が乾燥してしまうのですがレーザーを照射して発熱することでお肌にも熱が伝わって更なる乾燥肌を引き起こしてしまいますし、ホルモンバランスが崩れているときに照射するとお肌に炎症が起こりやすくなります。

 

また、肌の色が黒い状態でレーザー照射をするとレーザーの働きが体毛だけでなくお肌にも分散されてしまい結果的に脱毛効果が弱くなってしまうためクリニックではでは日焼け肌への医療脱毛を断っているのです。

 

ちなみに、日焼け肌に脱毛施術をおこなうと癌になる危険性があるという意見もありますが日本医学脱毛協会においては脱毛で用いるレーザーには発がん性はないとしていますが、脱毛後のお肌は過敏な状態になっているため日焼けをすると発がん性がある紫外線がお肌に届きやすくなり結果として癌を引き起こすリスクはあるので、癌を予防するためにも脱毛施術前後の日焼けは極力避けるようにしましょう。

 

 

日焼けしていても脱毛できる機器はコレ!

 

日焼けしていると脱毛できないのはレーザー脱毛最大のデメリットといえますが、日焼けしていると医療脱毛をできないというとすべてのクリニックで断っているのではなく、中には日焼けしていても脱毛できる機器を使っているところがあります。

 

レーザー機器の中でも近赤外線を照射して毛包にアプローチするダイオードレーザーやお肌の奥深くで照射効果が発揮されるYAGレーザーはメラニン色素に関係なく施術できるので日焼けしている人はこれらの機器を導入しているクリニックを選びましょう。

 

代表的なレーザー機器
■ダイオードレーザー
・ライトシェアデュエット(アリシアクリニック)
・ベクタス(フェミークリニック)
・メディオスター(リゼクリニック)
・ソプラノアイスプラチナム(レジーナクリニック)

 

■YAGレーザー
・ジェントルヤグ(リゼクリニック)

 

 

日焼け肌に対する各クリニックの対応

 

万が一日焼けをしてしまった場合、クリニックでは当日の施術を断っており、一旦予約をキャンセルしてお肌の状態が落ち着いて脱毛ができるようになるまで待たなければなりませんし、その間に脱毛計画が変わってしまうため追加コースを増やさなければならないこともあります。

 

具体的にはアリシアクリニックやリゼクリニックではキャンセルをした場合、無料で予約をとりなおすことができ、レジーナクリニックでは当日キャンセルの場合でもキャンセル料は無料ですが1回分消化になってしまいます。
フェミークリニックでは2日前まではキャンセル料無料で予約を取り直せますが前日キャンセルの場合は30分につき1,000円、当日キャンセルの場合は30分につき2,000円のキャンセル料を支払わなければなりません。

 

日焼けを理由にキャンセルをした場合の対応についてはクリニックによって異なるので詳しくはクリニックに確認しましょう。

 

 

日焼けしたらまずはクリニックに相談を

日焼けをしたお肌で脱毛できるかどうかはお肌の状態や日焼けした時期などの情報をもとに医師がカウンセリングをしながら判断します。
医療脱毛に通っている間は日焼けをしないように、衣類で肌を隠したり日焼け止めを塗るなどして予防しておきましょう。
日焼けしたときのキャンセルや予約の取り直しについてはクリニックによって対応が異なるので万が一日焼けしてしまった場合はクリニックに相談するようにしてください。

 

 
page top